任意売却とオーバーローン

任意売却とオーバーローン

ローンの残債が払えずに不動産の売却を行っても、完済できない状態の事を一般にオーバーローンと呼びます。残債があると不動産に対する抵当権が外れませんので、実際には売却は行えないことになります。オーバーローンにならない状態であれば、単に不動産の売却でローンを完済できるのですから任意売却は通常行われません。任意売却というのは、残債があって外れない抵当権を外してもらって売却することをいいます。
こうした任意売却の特性上、売却に掛かる諸費用を売主が負担できないのがほとんどで、債権者に諸費用の負担を求めることになります。
そして、債権者が費用負担してまで任意売却を承諾するのは、競売に掛けたときより任意売却のほうが高く売れる場合に限られてきます。

 

自己破産中の任意売却について

自己破産の処理をおこなっている最中だから、任意売却はできないのではないか・・。競売の方が楽ではないか・・。と思っている方も可能であれば任意売却をおこないましょう。自己破産をする方が持ち家を持っている場合、競売か任意売却かを選ぶことができます。この場合でも、裁判所による強制的に進める競売と違い、任意売却は自分の意思が通りやすい形で進めてくれます。ただ管財事件の自己破産の場合は、任意売却ができるかは、 破産管財人の審査が必要になりますので注意しましょう。
いずれにしても自己破産をおこなっている最中でも、あきらめずに任意売却を選んで、柔軟な対応をしてもらうように自分の意思を伝えて、自ら動く姿勢を忘れないようにしましょう。

Blog

Calendar