任意売却物件の購入を検討する際のチェックポイント

任意売却物件の購入を検討する際のチェックポイント

任意売却物件は、競売物件と違い、内覧が可能です。
任意売却物件を購入するに際し、住宅ローンも組むことも可能なのです。一般の不動産物件購入と同じ点です。売買契約書も一般の不動産取引の際と同様になります。普通、任意売却物件は表示価格以上でなら購入可能です。任意売却物件の契約交渉から引渡しまでに早くて3週間、長い場合で1、2か月はかかりかねないので、時間には余裕をもって検討できるほうが無難なのがポイントです。
中古物件の場合、前所有者の残地物が残っていないことがほとんどですが、任意売却物件の場合、債権者が残地物処理費用をださないために売主の所有権の放棄だけ行われるかたちで、残地物がある場合もあります。
予め、仲介の宅地建物取引業者等に聞いておきたいチェックポイントになります。

 

任意売却はどの業者に頼めば良いのか

不動産を担保に入れたはいいけれど、ローンの返済が難しくなってしまって持っている不動産を売却する手続きのことを任意売却と言いますが、その手続きを自分一人でやるのはあまり現実的ではありません。
では任意売却はどの業者さんに頼めばいいかといえば、任意売却を専門としている不動産業者さんをお勧めします。他にも任意売却をお手伝いしてくれる業者さんはいますが、専門の不動産業者には任意売却を得意とするエキスパートが揃っているため、スムーズに手続きを進めてくれます。私も以前ある任意売却を専門とする不動産業者さんにお世話になりましたが、すべてをお任せして本当に良かったと思います。
これから任意売却を検討されてる方には本当にお勧めしたいと思っています。

Blog

Calendar