任意売却は早めの対処が大切

任意売却は早めの対処が大切

住宅ローンの返済が滞ってしまったり、経済的なトラブルは親族や親しい人であってもなかなか人には話せませんよね。
任意売却を検討しても、せっかく手に入れたマイホームを手放す決心がつかないという人も多いと思います。しかし、競売になって取り返しがつかなくなる前に、任意売却をするのが最善の手段ということもあります。ただ、トラブルを抱えていると自分で状況を把握し、冷静な判断をするのは難しくなります。任意売却を検討しているなら、一人で悩まずにまずは専門家に相談しましょう。任意売却は、家を売らざるを得ない債務者にとってメリットが大きい方法なので、まずは自分の置かれた状況を理解し、任意売却の手順やその後のプランの見通しを建てられるよう、早めにアドバイスを受けましょう。

 

金融機関推薦の任意売却業者を利用するべきか

住宅ローンの返済ができなくなった場合は、早めに任意売却を検討しましょう。
場合によっては、金融機関の側から、任意売却をするように薦めてくることもあります。ただ、やはり、金融機関の推薦する任意売却業者に依頼すると、金融機関にとって有利な交渉となりがちです。
任意売却における金融機関との交渉次第で、今後の返済スケジュールも変わってきますし、引越しの時期も変わります。
住宅を売れば終わりだから、どの任意売却業者に頼んでも同じと思ってはいけません。面倒でも、自分で任意売却業者を探すようにしましょう。
こちらの立場に立って考えてくれる、親切な任意売却業者を見つけることができれば、引越しの費用を金融機関側から出してもらえるよう交渉をまとめてもらえることもあります。

Blog

Calendar