任意売却を考える時とは。

任意売却を考える時とは。

任意売却(または任意売買とも言う)を検討せざるを得ない時というのはどんな時でしょうか。
任意売却は住宅ローンの支払いが実際に出来なくなり、まず滞納すると「督促状」や「催告状」が届き、その後住宅ローンの滞納状況が3〜6ヶ月継続すると、金融機関から「月賦による分割払いの権利が喪失した」旨の知らせが届きます。
その後、金融機関は保証会社などの「債権者」に住宅ローンの残額の全額返済を請求します。
任意売却はこの時点で初めて選択可能となる解決方法の一つです。(大前提としては、まず、債権者に任意売却をしたい旨の申請を行い、合意に至る必要があります。)
もし、任意売却の申請を行わずに放置した場合、債権者は対象となる住宅の競売を行う事になりますが、競売の場合、売却価格が任意売却に比べ安くなるため、債権者としても、債務者としても任意売却を行った方がメリットがあると言えます。

 

任意売却を行う際の注意点

任意売却とは、主に住宅ローンなどの融資を受けている方でその返済を難しいと判断した場合に、担保となっている不動産を売却することを指します。
任意売却はその名の通り、任意で行う売却ですので債権者と債務者、そして任意売却の仲介を行う業者が当事者同士で話し合い売却までの流れを決定します。そのため、返済が困難となり強制的に競売にかけられてしまうよりも任意売却による売却の方がより高い価格となることが多く、また債務者との関係が良好であれば事情等の考慮をしてくれる可能性もあるでしょう。
ただし、任意売却には注意点もいくつか存在します。例えば、任意売却を行う際には必ず連帯保証人または連帯債務者が必要となります。住宅ローンなど多額の金銭が関係する場合、親族であってもなかなか協力を仰ぎ辛いというケースもあるかもしれません。
また、任意売却を完了した後もローンが残ってしまうケースも少なくありません。その場合、その後も返済をし続ける必要があるため、任意売却後の生活プランもしっかりと考えた上で任意売却に踏み切る必要があります。

 

Blog

Calendar