任意売却と競売ではその後の生活が違う

任意売却と競売ではその後の生活が違う

任意売却と競売を比べると、売却額が違うというだけではなく、売却後の生活の立て直しやすさも大きく異なりますから、任意売却の方がおすすめです。
例えば、引越しについては、競売の場合、費用は自費となり、引越し時期は落札者の都合が優先となります。ある日、突然、家を追い出され、お金もなく、路頭に迷うことになりかねません。一方、任意売却であれば、債権者との交渉により、競売よりもずっと良い条件で引越しができます。費用は債権者の方で用意してもらえますし、時期もこちらの都合のいい時期をある程度、考慮してもらえます。任意売却後も、きちんと家に住めますから、仕事を続けるにしても、新たに見つけるにしてもスムーズに進みます。任意売却後の残債についても、着実に返済できる態勢がすぐとれるわけです。

 

任意売却の仲介を依頼する先は

任意売却は債権者と債務者と購入者のやり取りだけでなく、更に不動産会社や専門業者が仲介を行うのが一般的です。最近は任意売却の専門業者も複数存在しており、それらを利用するのも良いでしょう。
もしも金融機関から任意売却の打診があった場合は、金融機関の方で任意売却の業者を紹介してもらえるかもしれません。こうした業者の場合は普段から金融機関と懇意にしているはずですから、紹介してもらえれば任意売却の手続きも任せやすいでしょう。
不動産会社に任意売却を依頼する方も多いですが、会社によっては任意売却の経験が浅いところもあります。任意売却は通常の不動産売買とは少々勝手が異なるので、出来れば任意売却の経験が豊富な不動産会社を利用した方が安心かもしれません。
また、弁護士や司法書士なども任意売却の仲介を行っていますので、不動産関係に強い法律家に心当たりがある方は一度相談してみてはいかがでしょうか。

 

Blog

Calendar