ローンが収入よりも大きい返済の場合は任意売却

ローンが収入よりも大きい返済の場合は任意売却

収入が激減してしまって、ローンが収入よりも大きい返済の場合は、素直に任意売却を行ったほうがいいと私は思います。
ローンで念願の不動産を手に入れて、様々な思い出があるかもしれないのですが、ローンが収入よりも大きい返済の場合には、貯蓄を切り崩してしまう事になります。あと少しでローンの支払いが終わる方でしたらいいかもしれないのですが、そうではない場合は、生活が苦しくなるのは見えていますので任意売却を考えていただきたいです。任意売却を行う事によって、不動産を売却する事になりますが、生活が少しでも楽をすることができます。収入が減ってしまい、ローンが収入よりも大きくなる事はありえることです。
任意売却はそんな状況を打開するための手段ですので、もしこのような状況になった場合には、一度任意売却を考えていただきたいです。

 

悩まないでも大勝負!任意売却というものがあります。

家庭の事情で住宅ローンが払えなくなってしまった皆様、任意売却をご検討してみてはいかがですか?任意売却という言葉に聞き慣れない方もいるとは思いますが、簡単なことです。
融資を受けた金融機関との合意により、不動産を売却することが任意売却です。
通常は住宅ローンが払えなくなった場合は差し押さえをされ、自宅の残りのローンを全額返済しなくてはなりません。
しかしこの任意売却は、債務を残しつつ差し押さえを解除してもらえるのです。注意点としましては、住宅ローンを滞りなく支払っている方は、この任意売却は受理されませんのでご注意ください。
このような制度がありますので、住宅ローンが山済みになって家庭が火の車でその問題を放置しているという世帯主の方は、今一度任意売却をご検討されてみてはいかがでしょうか。

 

>  

Blog

Calendar