不動産購入の分譲と仲介

不動産購入の分譲と仲介

不動産を購入する場合、分譲と仲介という2つの種類の物件があるのをご存知でしょうか?どちらも買う側からすれば同じように思えますが、多少の違いがあるのでよく理解しておきましょう。

まず、分譲とは不動産会社が売主となっており、マンション一棟や区画された土地全体について販売されていることが多くあります。不動産会社が売主といっても、不動産会社が販売の得意な別の不動産会社に販売依頼していることもあり、売買の交渉は売主である不動産会社と行います。

仲介というのは、個人を含めた売主が不動産会社に売買の仲介を頼んでいる形式のことで、中古物件では仲介になるのが普通です。仲介の場合には、売買の交渉は仲介している不動産会社を通して行い、不動産会社は仲介手数料を受け取ります。

不動産を少しでも早く売却するためのコツ

不動産を購入する場合、分譲と仲介という2つの種類の物件があるのをご存知でしょうか?どちらも買う側からすれば同じように思えますが、多少の違いがあるのでよく理解しておきましょう。

まず、分譲とは不動産会社が売主となっており、マンション一棟や区画された土地全体について販売されていることが多くあります。不動産会社が売主といっても、不動産会社が販売の得意な別の不動産会社に販売依頼していることもあり、売買の交渉は売主である不動産会社と行います。

仲介というのは、個人を含めた売主が不動産会社に売買の仲介を頼んでいる形式のことで、中古物件では仲介になるのが普通です。
仲介の場合には、売買の交渉は仲介している不動産会社を通して行い、不動産会社は仲介手数料を受け取ります。

Blog

Calendar