不動産の購入と住宅はどこでも建てられるのか

不動産の購入と住宅はどこでも建てられるのか

不動産を購入して住宅を建てようとする時には、どの不動産でも住宅を建てる事ができるのか、という事をしっかりと考える必要があります。基本的に住宅が建てられる不動産と、住宅が建てられない不動産がありますので、その点については理解する必要があります。

まず住宅が建てられる不動産ですが、都市計画区域と市街化地域といったものがあります。そちらでしたら住宅を問題なく立てらっれることができます。

一方で住宅が建てられない地域もあります。市街化調整区域といわれている事もありますので、そういった地域にその不動産が該当していないかを調べる必要があるというわけです。不動産の購入と住宅は非常に関係性があるものですので、不動産業者などに確認をしてから購入するのかを決定しましょう。

 

不動産賃貸における引越し日の注意

 初めて不動産賃貸をする人は注意しておくべきことがあります。それは、引越し日が自分の好きなように選べるとは限らないことです。

不動産賃貸は基本的に、前の住人が退去してから初めて新たな住人が住めるようになります。ですが、不動産会社で紹介される物件はまだ住人が退去していない物件も含まれます。つまり、仮に不動産会社で良い物件が見つかっても、まだ住人がいる場合は、引越しは当然、前の住人の退去日以降としなければいけないのです。

さらに、すでに住人が退去している場合でも、その物件に住むと決めてから、引越し当日までの家賃が発生することにも気をつけましょう。不動産会社によっては、交渉次第で引越しまでの家賃を割引してもらえることもありますが、それが無理なら、早めに引越しをしたほうがいいでしょう。



 


Blog

Calendar