不動産選びは遮音性に注意

不動産選びは遮音性に注意

不動産を購入することを検討している人は、不動産の価格や周辺環境など、様々な要素をチェックしていることと思います。
しかし、不動産の購入については、買ってから気づくことが意外と多いものです。

よくある不動産購入の失敗としては、マンションの遮音性の問題があります。
隣の階の騒音がそのまま響いてくる、上の階の足音がうるさい、などのトラブルが発生します。遮音性については、その性能の良さを数値化することが難しいこともあって、事前にチェックしない人が多いです。

しかし、毎日続く騒音というのはかなりの負担になります。
不動産購入の際は、必ず、壁の厚さを確認したり、実際に壁を叩いてみたりするなどして、遮音性のチェックをすることをおすすめします。

 

初めての不動産取引体験記

 これまで不動産の取引は行ったことがありませんでしたが、一枚のチラシがきっかけで初めての不動産取引を体験することになりました。
実は両親と同居することになり、これまで両親が住んでいた実家をどうするかという問題を抱えていたのです。
小さい家ですので、物置か別荘として使おうかなどと笑っていたのですが、そんな時に有名な不動産会社のチラシがポストに入っていたのです。
ここで初めて売却という選択肢が追加されました。家族会議を開き、数日掛けて話し合った結果、その不動産会社に連絡することになりました。
なにぶん初めての経験で分からないことも多かったのですが、不動産会社の方が丁寧に説明して下さったので問題なく売却が完了しました。

 

Blog

Calendar