不動産投資はローリスク、ロングリターン

近不動産投資はローリスク、ロングリターン

不動産投資は、リスクが低い上に家賃収入という安定した収入が入ってくるので、ローリスク、ロングリターンと言われています。一日で地価が倍になって売却益で利益を上げたというというバブル全盛期のような方法とはいきませんが、高利回りではないものの長い間安定した収入を得ることができる不動産投資は、まさにこの時代にふさわしい投資スタイルと言えるかもしれません。また不動産投資は賢く使えば節税にも効果的です。老後の備えにと不動産投資をはじめるケースもあります。不動産の管理が面倒という場合も管理会社が代行することもできます。現在仕事をしていて忙しいサラリーマンも不動産投資をおこなうことができるので、副業として取り組んでる場合も多いです。

 

不動産登記に必要な情報について

 不動産登記を行う際には、その不動産の権利部の甲区と乙区の当事者が双方で申請を行うという原則があります。これは、不動産登記を行う登記官が、その不動産に関して当事者の間の売買などによる権利の変動を認識しているわけではないので、利害の対立する当事者が双方申請を行うことにより、その不動産の登記申請が正しくなされたということを確認することになるのです。
不動産登記を行う際に必要になる情報は、「登記原因証明情報」(不動産売買契約書、抵当権設定契約書など)、オンライン上に記録される「登記識別情報」、提出の申請及び意思を確かめるために「印鑑証明書」、そして登記の原因により登記をする申請人以外の第三者の許可、同意または承諾を要する場合にはその第三者の許可情報また同意情報が必要となります。

 

Blog

Calendar