不動産を選ぶときのコツ

不動産を選ぶときのコツ

良い不動産を自分の目で見極めるというのは難しいですよね。そんなときは実際に不動産を利用した知人などの意見を参考にしてみてはいかがでしょうか?口コミサイトを利用するのも悪くはないのですが、そういったサイトだと大抵は大手の不動産会社の口コミしかなく地方の小さな不動産会社の口コミはありませんし、マイナス評価をつけている方の意見がちょっとそれが理由でマイナス評価をつけるの・・?といったことも稀にあります。

やはり知人の意見の方が信用できるものです。特に地方の小さな不動産会社の情報も手に入れることができるので非常に参考になりますよ。ただ、他人の意見は参考程度にして最終的に決めるのは自分自身です。結局は自分が良いと思った不動産を選ぶのが一番なのです。

 

不動産にかかる税の性格とは

 不動産を保有している時には、毎年その不動産が所在する市役所から税金の納付を求められることになります。

固定資産税は、不動産を保有するとかかる税金です。保有している間は毎年納付する必要がある税金であり、毎年納付することから軽減措置が設けられています。専ら居住するための家屋の敷地に関しては軽減措置があり、店舗併用住宅などは居住部分がその建物の4分の1以上の面積であれば軽減措置が適用されます。また、平成26年3月31日までに新築された住宅については、住宅として使用する部分の床面積が全体の2分の1以上であれば軽減措置が適用されます。

都市計画税は、原則として都市計画で指定されている市街化区域内の土地や家屋の所有者に課税されるもので、軽減措置は固定資産税と同じです。

Blog

Calendar